スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うん、やってしまった!!

べ、べつに好きなわけじゃないんだからね!









ツンデレの基本ですね(=w=
私はツンデレがそこまで好きじゃありませんw夢想灯篭ですw
もちろん嫌いというわけではないです。むしろ好きですw

しかし!一番はやはり杏さま!和が崇拝の人物は彼女だけ!(

あれ、なんか余計なこと書いた気が……


そして今回の更新はただの謝罪とお詫びです
まずは一言、




すみませんでした!




ええ、癖で記事を消すんですよ
しかも誰も見ないような挨拶の時とかのを
今ではプロフィールに書いてあるので消すのもどうかと思ってはいたんですが結局は消しました。


しかし、誤って小説のところまで消してしまった!

です。
まぁ正直見てる人がいるのかどうかも微妙なやつだったのですが、このブログの基本は一応小説なので書きなおしました。
一字一句正確にメモに残してあってよかった!

ってことでお詫びとして消したのと同じものをUPします
見たことある人は受け流してくださいませ。
はじめてみる人は感想をもらえるととてもうれしいです

そして初めての人、何度か見た人に暴露したいこと……

この話は、物語と基礎となる部分が「恋する乙女と守護の楯」といくつも似通っている部分がります。
しかし、私の個人の見解と書き方を加えたもので全く同じというものでもありません


あくまでオリジナルです

うん、すっごく不安だ!
感想求ム!
思いつきあらすじ、更新したいです^^;





無駄に広い鉄製の門と趣のある塀を見て思わずため息が出てしまう。
 「はぁ、なんでこんなことになったんだろ」
これは全部あの変態親父のせいだ、そう思わないとやってられない。
 そして私はここまでいたった経緯を思い出す。

 旅客機が降り立つ音があたりに響きあたりが急に騒がしくなる。
 ここは空港。旅客・貨物の航空輸送のための施設をもつ公共用の飛行場。まぁ、それは言わなくてもわかるだろう。
 そこに今日の護衛対象が来る事になっている。
 「ご覧ください!皆さん!今の彼女のファンが空港ににぎわっています!」
レポーターがマイクを持ちながらこの場の実況をするように言う。
 だが私達のようなボディガードにとっては今のこの状況はあまり好ましくない。護衛対象を守るのに、こうたくさん人がいるとどこから狙われるかわからないからだ。
 と、そこで通信機から連絡が入る。
 『こちら本部。ロスト7応答できるか?』
「こちらロスト7何でしょうか」
『もうすぐ護衛対象がスケジュール通りにそちらにつく。気を抜かずに頼む』
「了解しました。」
『相手は狙撃銃という情報が入っている。場所は特定できなかった』
「……」
『さすがに素人相手でも場所まではわからなかったよ。はっはっはっ・・・では、健闘を祈る』
それだけ言うと通信が切れる。俺は「はぁ」と、ため息をつき通信機をズボンのポケットに入れるとあたりに注意をまわす。と、あたりが急に騒がしくなる。
 どうやら、先ほど行っていた護衛対象が着いたようだ。
 彼女は映画女優でファンサービスが多い女優として有名で、まだ日本語には慣れていないという情報が入っている。
 「サインください!」
「Of course I welcome you」
そう言って彼女は差し出された色紙に手際よくサインを書いていく。
 彼女は周りのボディーガードに注意をされながらもファンサービスを続けている。
そこで俺に気がついたのか、彼女が俺に向かってこういった。
 「Wow! It is a very pretty girl!」
「うわ!な、なんですか!」
いきなり後ろからそう言われて思わず驚いてしまう。
「I like the embarrassing face of the girl like you, too」
「それに俺は少女じゃないですよ!なんでいつもそんなことを言われるのだろう・・・って、ひう」動揺したためつっこみがワンテンポ遅れてしまい、その後彼女が後ろから抱きしめてくる。
「や、やめてください!」
思わず怒鳴るように言ってしまってからしまったと思う。
「Why is it?」どうしていけないのかとでも言いた気に言う。
「俺は同性が苦手なんですよ!」そう言って俺は思わず彼女を突き放す。
「Oh! I'm sorry」彼女はそのままおとなしく引き下がったのを見て俺は安堵してあたりを見回す。

「ただの子供か。邪魔だな、一緒に消すか」
そう言って彼は持っている銃を慎重に構える。
「依頼されたはいいが何でこんな依頼を受けちまったんだ?」
彼は苦虫をかみつぶしたかのような顔をしてつぶやく。
「だが受けちまったものはしょうがねえか……」
そうひとりごちて銃のトリガーを引く。
しかし、その瞬間に照準に少女の腕が重なる。
「なっ!」
 彼は思わず声を上げて一瞬でどうなったか気づく
何故ならば、弾が当たった少女の腕はその弾をはじき返していたからだ。
「くそ、何なんだ!あの子供は」
そう叫び、慌てて持っていた武器をしまう。
それと同時に屋上の扉が開く。その音を聞き、彼は右手の中指で自分の太ももを軽く叩いた。
「はぁ……しょうがないか。じゃあ、依頼主を裏切るとするか」
そういうと彼は今入ってきた人たちに武器のしまってある鞄を手渡した。

あたりが騒然とする。
「あそこの建物だ!屋上にいるぞ!」
誰かがそう叫ぶ声が聞こえる。大方、彼女が雇ったボディーガードであろう。
「あ、貴方はいったい・・・」
彼女が唖然として俺を見つめている。
「貴方が雇ったボディーガードの一人です。それに、貴方の素顔が出ていますよ」
『こちら本部、ロスト7。応答せよ』
本部からの連絡が入る。俺はズボンのポケットに入っている通信機を取り出すと、通信機がこちらの声が聞こえる位置にもっていく。
「こちらロスト7。」
『彼女の状態はどうだ』
俺は彼女を一瞥する。
「彼女は無事。怪我も無い様です」
『ロスト7よくやった。こちらも敵の無力化に成功した。持っていたものはM24対人狙撃銃だった』
「了解、今から帰還します」
『ご苦労だった』
そう言って通信機を切り、再びポケットにしまう。
「ふぅ、今日も何とかって感じかな」
「貴方はまさか、ジャスティスシールドの……」
さすがは映画女優というべきか、もうすでに平然を取り戻している。
「ええ、そのふざけた名前の社のものです」
俺は思わず苦笑しながら言う。
「へぇ、貴方のような女の子がくるなんて思わなかったわ」
その言葉を聴いて俺は思わず声を荒げて「俺は女の子じゃないですよ!これでも二十歳です!」と返してしまう。
「うふふ、冗談よ。さっきも聞いたし」
「はぁ……日本語。うまいですね。誰かに聞かれても知りませんよ?」
俺は苦笑して、さっきから英語で話す事を忘れている。映画女優に向かって言う。
「別にいいわよ。誰も聞いていないだろうし」
そういう彼女の後ろには何人も記者がいるが確かに彼女の言うとおり聞いているほど暇ではなさそうだ。
「そうですか。では、俺は社に帰りますので」
俺はそれだけを言うと近くで止まっていた黒塗りの車に乗り込んだ。

「いや~かっこいいね~流石は冷那ちゃんだよ~」
そう言って先ほどまでの任務のビデオを切ると唐突にそう言う。この人は皐月真吾。俺の親代わりにしてジャスティスシールドの社長である。
そしてここは社長がいるってだけでわかると思うが、社長室のとある一角。ここで働く者だけが出入りできる社長室である。
親代わりというのは小さくて、よりどころも無い俺を引き取ってくれて、俺を男で一つで育ててくれたからだ。ちなみにジャスティスシールドと言うのは表向きにはただの護衛事務所のようなもので裏では護衛対象を守るためならばどんな手でも使う非合法の会社だ。
そのためにここで雇うものの過去は詮索することは禁忌になっているのは暗黙のルール。
だが……
「社長、五月蝿いですもう少し静かにしてください」
「なんだよ~別にいいじゃ~ん」
「よくありません!このエロ親父!」
「ぐはっ!娘からの痛い一言でお父さん凄く傷ついた。」
大げさに片手を胸に当て、苦しむようなしぐさを見せる。
社長がこんな変態なためここで働く社員も変わっている者が多い。
「……変態め」
だから俺は思い切り思った事を口にしてやった。
「こら!麗しき乙女の女の子がそんな言葉使いしちゃだめでしょう!」
「誰が麗しき乙女だ!後女の子じゃない!」
確かにこの歳の女にしては言葉使いが荒いと思う。だがそれは周りがずっと男の人ばかりだったせいもあり、それのせいで同姓恐怖症なる病気(と言っていいのだろうか)になっている。
「ふむ、それじゃあ次はこの格好で任務に・・・」
その衣装を取り出した瞬間に、俺は社長の頭に逆回し蹴りを決めていた。社長は「ぐふっ」と言いながら倒れた。
「誰がコスプレなんてして次の任務にいくかー!」
そう、彼が取り出した衣装はなんとメイド服というコスプレであった。
「え~可愛いのに~」
すぐにむっくりと起き上がると、人差し指を下唇のあてて甘えるように言った。
「気持ち悪いわ!ついでに可愛くもない!」
「これは社長命令だ!」
「何職権乱用してるんだよ!アンタそれでも社長か!」
さり気に職権乱用を始める社長を止めるべく俺は食い下がる。
「まぁ、冗談はこれくらいにして」
「……で、次に何をすればいいの?」
この社長のこの程度の冗談はいつもの事なので早々に流して仕事の話に移る。
「ふむ、実は夜咲冷那ちゃんには頼みたい仕事がある」
「フルネームで呼ぶな!」
「まぁまぁ、いいじゃ~んそのくらいは」
「……はぁ」
俺は思わずため息を吐き、顔を落とす。
「話を戻すぞ、それで任務とは、君にしか出来ない事だが……」
「……是非、やらせてください!」






はい、こんなところですかね。
消した物が消した物なので長くなってしまいました^^;
それでは今日の午後更新すると思います
それでは
Увидимся ешё(またね~)(>w<)ノシ
スポンサーサイト

KEY作品最高!!

気づいていないのではなく、気づきたくなかっただけ。ただそれだけ







どうも(=w=)無性にネトゲをやりたくなる夢想灯篭です

今回はさんざん待たせたということで小説です。
待ちぼうけをくらわしてすみません……いろいろと忙しかったということにしてくださるとうれしいです(=w=;)

待ちくたびれて飽きてしまった方に何とお詫びをすればいいかわかりません。贖罪に小説を書くことにします

さて、タイトルですが、
やはりここは原点であるKEY作品を!!w私の創作意欲を植え付けたKEYのスタッフさんに感謝をささげたいと思います。


台詞はがんばってひねり出しました。聞きおぼえがあるのでたぶんどこかで聞いたのをちょっとアレンジを加えたものです

聞いたことある方は情報を募集しますwちょっと自分でも気になるのでw


そして今回は久しぶりの小説です
がんばってひねり出してみましたw
そして例の如くまえの物からかなり時間が経ってしまっているので今までの物を見返してから読むことをお勧めします
(=w=;




朝起きて、学校に行き、帰ってきたら彼女と話しては一日を終える。
そんな日が続いてからすでに1週間になった。
そんな日が続いても、俺は彼女の事について思い出すことは一つとしてなかった。
それでも彼女は……
「私の事を思い出さないはずがないわ。この私が覚えてるんだし」
と言って俺を離そうとしない。
俺にとっても毎日うまい食事、いままでにない待遇で満足はしている。
しかし、それでいいのだろうか?
自分の事を一つも覚えていない人間を傍に置いておいて寂しくはないのだろうか?
自分の事を何とも思っていない人間を傍に置いておいて辛くはないんだろうか?
そんなこと思ってしまう。
そう思って俺は「ちょっと出かけてくる」と書き置きを机の上において部屋を出る。
「これで、俺がいなくなれば彼女も楽だろう」
不意に、そんなことを呟いていた。
楽?何が楽なんだろう。
疑問に思う。しかし、何の未練もないので問題はないだろうと思って彼女の屋敷を出る。
「さて、どうしようかな」
正直行くあてもない。
家に帰るいという選択肢もあったが、帰ったら帰ったで彼女に連絡がいきそうで怖かった。
ここは無難にホテルに泊まるかなとも思ったが財布を彼女の屋敷に置いてきたことに気がつく。
「困ったな……今日は野宿する羽目になりそうだな」
苦笑する。
町を回りながら気付いたことだが今まで野宿と言う物をしたことがない。
「死にそうだな……寒いし」
まだ完全に夜になりきっていないのに辺りは寒い。
なるべく風の避けられる場所に行こうと思い、橋の下を見つける
「風は大体防げるし、ここでいいかな」
そう呟いて柱に寄りかかって座る。
思ったより冷たかった。






はい、今回はここらへんで

微妙に適当になってしまいましたw
感動を入れるのはちょっと難しいかもですw
久しぶりに書いたので腕が落ちれるかもしれませんが皆さまの見れるものだったら良いと思いますw

前の追記のやつは暇だったときに左の方に追加しておきますw

それではУвидимся ешё(またね~)(>w<)ノシ

続きを読む

今回はちょっとまじめに小説でも……

どんな無駄と思えることでも、それは経験として着実に人を成長させるのよ!




どうも、最近ネトゲにお金をつぎ込んでいる夢想灯篭です(=w=
今日の台詞はちょっとした本の受けうりです。(気づく人は気付くはず……


タイトルの通りに今回は小説を書きたいと思います~
べ、別に最近ブログのネタがないわけじゃないんだからね

・・・・・・・ネタがないのはしょうがないですね(=w=;)動かないので……
ネトゲって怖いですね……どんどんお金がなくなっていきますw
誰か私と一緒にやりませんか?w


ってことでこの下からですまえからかなりたっているのでまえの小説を読みなおしてから見るのをお勧めします



彼女の家で過ごす日々が続き、すでに何事もなく一週間くらいが過ぎた。
「はぁ、何で俺ここにいるんだろう……」
この一週間で何度となく思ったことではあるが一向にこの疑問が解決されることはないと思えてくる。
彼女と会うたびに聞いてはいるがそのたびに「私のお嫁さんだから当然でしょ!」といわれる。いや、せめて婿にしてほしいが……
そんな日が続いていても別に問題があるわけでもなかったが、いまだに彼女が俺を婚約相手に選んでいる理由がわからないのだ。
「昔、記憶がないことなんて無い……よな?」
いまいち自信が持てない。それが俺のはずがないのだ。このあたりに来たのは俺が中学校の頃だったからだ。彼女の話だと小学校高学年くらいの年齢だったらしい。
それに俺は、人を助けるほどやさしくはない。
そんなことを考えていると俺のために用意された部屋の扉があいていることに気づく。
誰かいるのかと思い中をのぞいてみるとタンスの中をごそごそと探っている影がいる。
誰かはわからないが人の物をあさるやつだ。普通ではない。
見つからないように忍び寄り近くまで来てようやくその正体がわかる。
「……何してんだ。お前」
俺のタンスをあさっていたのは俺をこの家に連れてきた張本人だった。
「!?」
余ほど驚いたのか地面から数センチ飛ぶ。猫みたいだな……




はい、事情により今回は此処までです(=w=;
それではいつもどおりに感想などはコメ等にお願いいたします
Увидимся ешё(またね~)(>w<)ノシ

ボスラッシュなんて嫌いだ!!

蹴り穿つ!



はい、今回は空耳方向で行ってみました。
なかなか聞き取ることができないセリフです実際ゲームをプレイしてる人にはヘリウムガスとしか聞こえません。実際にやってみてはいかがでしょうか?
タイトルに関してですがすっごい私情です。それはもうびっくりするぐらいの私情です
もし気になる方がいれば追記のほうに書くのでよかったらどうぞ



はい、今回は小説です。
待ってくれているであろう方にやっとお届けできます。
それではよければ感想などをお待ちしています発表されたり見られたくない方はメールフォームにどうぞ


引きずられて行った俺を迎えたのは大きな家、否屋敷だった
たとえるなら中世のヨーロッパとかそっち系の貴族が住んでそうな家だった。
「さぁ、ついたわよ。あんたはこれからここで暮らすの」
「は?まて、俺の荷物とかはどうするんだ」
人権とか言っても良いのだがこの少女のことだとまたそれくらいお金で何とかしてもらうとか言いそうなのでやめた。
「心配しなくても家の中に全部運びこんであるわ。物が一ミリも動いてない程度にね」
胸を張って威張るように言っているがそれはそれで胸が強調されてがっかりな気分に――
そう思った瞬間に頭を殴られる。
「あんた!!失礼なこと思ってんじゃないわよ!」
「心読めるの!?確かにお思いはし――」
そういったらもう一回殴られた。
しょうがないので詳しい事情を聴くことにした。
なんでも、昔俺が彼女を助けたというのだ。
家出をしようと思い家から出たのはいいものの足をくじいてしまい、歩けなくなってしまった。
そんなところに現れたのが俺だったらしい。
歩けないこの少女を見て俺が何を思ったのか俺の家まで運び、手当てをしたそうだ。
それからこの少女は事情を話し、ちょうど親が仕事で2~3日いないからという理由で泊めたらしい
それからこの少女と仲良くなったのはいいが家に帰ることになり別れた。
それで今に至るという。
正直、何も覚えていなかった。
昔の記憶は思い出せないものが多いが俺はそんなことをした覚えはない。
「俺はそんなことをした覚えはないぞ?」
俺がそういうのも見通していたのかすぐに答えは返ってきた。
「そんなはずないわ。この私が覚えてるんだもの」
俺は、今日のところは何も聞かず泊まることにした。
考えたいこともあったし、何よりここから学校に通うほうが近いから。
結局、その日は彼女以外、誰とも会わなかった。




はい、今回はここまでということで
追記のことのせいで若干話のつなぎ方がおかしくなっていますがご了承くださいませ(=ω=;)
むかつきすぎて適当になってるなんて言えない
この先作者の私もどうなるかわくわくの展開ですw
思ったより疲れたので今回はここらへんでУвидимся ешё(またね~)(>w<)ノシ


ここから先追記

続きを読む

ネタが尽きた!!

ね、兄さん。だまされたと思って♪




はい、今回は妹でいってみましたw
軽く名言じゃなくてキャラのセリフになっていますがキニシナイw
タイトルに深い意味はありませんよ?そのまんまの意味ですからw


はい、今回は小説の番ですw
そろそろ楽しみにしてる方もいるかもしれないので書きたいと思います
感想も出来ればほしいので今まで読んでとかの感想もできれば書いてください
いろいろと参考になるので^^;




放課後になるまでずっと学食にいたらしい悟に、しつこく文句を言われながらも暗くなりつつある道を歩く。
「おい、聞いているのか?お前のせいで危うく学校長に見つかるところだったんだぞ!?」
「ああ、聞いてるよ。大体あんなことに引っかかるお前が悪いんだって。普通は授業が始まる前に戻るだろう?」
「……それもそうだ。……なんていうと思ったか?誰が初めに行ったんだよ」
「ああもう、うるさいな」
そろそろめんどくさくなってきたのでそうやって言い逃れしようかと思案する。と、物陰からなにやら小さい影が飛び出してくる。
「あんた!!いつまで私を待たせるのよ!!」
考えるまでもなく登校時に突然目の前に現れた女の子だった。
いやなときに現れたな。そんな事を思っていると隣の悟がその子に声をかける。
「お譲ちゃんどうしたんだい?この人に何かいたずらされたのかな?」
小さい子に話しかける口調でしゃべりかける悟に少女は顔をだんだん真っ赤にさせていく。
「誰がお譲ちゃんよ!!誰が子供よ!!この影の薄いボンクラ男!!」
「な!?俺が唯一気にしていることを!?」
そのまま悟が崩れ落ちる。影が薄いのを気にしていたのか……
「ああ、悪いな。今終わったばっかりだったんだ」
「はぁ、どうしようもないわね~良いわ。今から家に来なさい。そしたら許してあげる」
「いきなりしらない相手を拉致するのもどうかと思うぞ?親にだって知らせなきゃいけないしな」
「大丈夫よ。あなたの親なら問題はないわ。お金渡したら喜んでどうぞって」
あのバカ親め、息子を金で売りやがったのか……
「だから家に来なさい!!」
「うお!?ちょっと待てって!」
言い出したら止まらないのがこの子らしく抵抗も空しく引きずられていってしまった。




はい、今回はここらへんで終わりたいと思いますw
かなり広範のほうが適当になってしまったのですが^^;どうでしょうか?
其れでは今回はここらへんでУвидимся ешё(またね~)(>w<)ノシ
FC2カウンター
プロフィール

夢想灯篭

Author:夢想灯篭
リアフレに廃人といわれてます…そうなのかな?よくわかんないです
ただのkey好きです♪(ファンと言わないのはあまり詳しくないため

雑記を主にたまに小説、絵を載せております

小説を見たいって方は掲示板のほうにリクエスト書いてくださいな~
(次の更新までにある程度は即興で書きますので

初めての方はABOUTの記事をご覧になったほうが管理人と仲良くなれるかもしれません(趣味が合う的な意味で

バナーっぽいものです
上か下のどちらかをつかってください~

blacksilentblog_banner

blacksilentblog_banner.png

ぶろともさんなのです~♪
はるうらら~うらうら~♪(管理人:Alice様 ハピネス♪(管理人:瑞歌様 飛段のゲハハ日記(管理人:スペアリブ様
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BBS
掲示板できた~ ぜひ参加してくださいませ~
相互リンク
続アニメとゲーム
続アニメとゲーム(管理人:ひろッキー様
オタク道まっしぐら
オタク道まっしぐら(管理人:@よね@様
鷲の如く
鷲の如く(管理人:+Eagletail+様
fossilized
fossilized(管理人:lized様
夢幻の交鎖と瞳の真実
夢幻の交鎖と瞳の真実(管理人Misuzu様
桜舞うこの季節
桜舞うこの季節(管理人:ヤス様
雨上がりの月の下で
雨上がりの月の下で(管理人:anerasu様
萌えをもとめるちょいブログ
萌えを求めるちょいブログ(管理人:†crescent†様
リンク
 同人サークル 天然素材
有名な声優さんを使っているシューティングを作っています CandySoft -オフィシャルホームページ-  キャンディソフト様の公式です
サーカスの公式サイト
サーカスホームページです♪
feng公式サイト
feng公式様です♪
あかべぇそふとつぅ
G線は一押しです♪
ナインテイル+デュアルテイル
結構な作りこんである絵が見れますよ~
カテゴリ
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。